在日コリアン 婚姻届 出生届 死亡届 旅券

婚姻手続き

  • HOME »
  • 婚姻手続き

婚姻手続き
婚姻の方式は日本の方式(日本の戸籍法の定めにより市町村役場に婚姻届けを提出する)と韓国の方(韓国の民法に従い韓国の役所に婚姻申告するか、駐日領事館に出頭して婚姻申告する)がありますが、このサイトでは「日本の方式」で届出し、その後駐日領事館に婚姻の届出(報告的届出)をする場合の手続きについて記述します。
市区町村役場に婚姻届出手続き
婚姻届の用紙は市区町村役場に備え付けてあります。
届出の役所は本人の住所地(所在地)、又は婚姻相手の住所地(所在地及び日本人配偶者場合は本籍地)です。
婚姻の要件:①当事者間に婚姻をする合意(婚姻の意思の合致)があること。
➁婚姻障害が存在しないこと(婚姻適齢、重婚でない、近親婚でない、未成年者は父母の同意必要)
③婚姻届出をすること
届出人 夫及び妻

必要書類等
届出書に必要事項記入、右側の証人欄に、証人(成人2名)の署名・押印が必要です。
➁姻要件具備証明書添付
夫または妻が日本国籍の人場合その戸籍謄本(婚姻要件具備証明書となる)
在日コリアンの場合家族関係登録簿の基本証明書」「婚姻関係証明書」とその翻訳文
家族関係登録簿に登録されていない場合(朝鮮籍)は代替として「申述書」を提出する
(「基本証明書」「婚姻関係証明書」を提出できない事情と婚姻用を満たしていることを
自己申告するものです)通常は役所の窓口で事情を説明すれば、定型の書式の配布を
けて、署名・捺印することで容易に完成できます。その場合「住民票」等の提出も併せ
て提出も要求されるとことがありますので指示に従って準備してください。
役所に婚姻届が受理されたら「婚姻受理証明書」を発給してもらう。

韓国領事館に婚姻届出手続き
韓国領事館に婚姻の受理された3か月以内(申告義務期間)に婚姻申告をする
*3か月経過した場合は事件本人と申告人の住民票原本と翻訳文、在外国民登録謄本が別途必要(戸籍整理)

韓国人同士の婚姻申告
①婚姻申告書
➁日本の役場で発給された「婚姻受理証明書」と翻訳文1部
③本人と配偶者双方の「家族関係証明書」「婚姻関係証明書」各1部
④本人と配偶者双方の身分証明書(特別永住者登録証、在留カード又はパスポート)
⑤本人と配偶者の印鑑
韓国人と日本人の婚姻申告
①婚姻申告書
➁婚姻事項が記載された日本の戸籍謄本と翻訳文1部又は[婚姻受理証明書」と翻訳文1部及び日本人配偶者のパスポート
③韓国人の「家族関係証明書」「婚姻関係証明書」各1部
④本人と配偶者双方の身分証明書(特別永住者登録証、在留カード又はパスポート)
⑤本人と配偶者の印鑑
韓国人と日本人以外の申告
①婚姻申告書
➁日本の役場で発給された「婚姻受理証明書」と翻訳文1部
③韓国人の「家族関係証明書」「婚姻関係証明書」各1部
外国人のパスポート
④本人と配偶者双方の身分証明書(特別永住者登録証、在留カード又はパスポート)
⑤本人と配偶者の印鑑

婚姻申告書

婚姻申告書日本語訳

婚姻申告書記入例

婚姻相手が永住者・日本人以外の場合は日本に在住するための在留資格が必要です。
①既に何らかの在留資格(留学、就労資格など)がある場合には「永住者の配偶者等」の在留資格変更する。
➁在留資格がない場合は一般手続きは「永住者の配偶者等」を得るために、「在留資格認定交付申請書」を入国管理局(居住地域)提出し、
審査後「在留資格認定書」(有効期限3か月を得て、婚姻相手に送り、相手国の日本大使館へ書類を提出してビザを申請して日本に入国します。

在留資格認定証明書交付申請

 

お問い合せ TEL 048 717 0323 平日9:00-17:00

PAGETOP
Copyright © オフイスリム行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.