在日コリアン 婚姻届 出生届 死亡届 旅券

出生届

在日同胞の出生手続きは日本と韓国の両方に必要
(1)両親が韓国籍の場合

日本の役所への手続き

1.日本人同士の子供と同じく出生届を日本の役所に提出

届出場所:住所のある役所、又は出産した場所の役所

届出人:生まれた子供の父母または同居人(祖父母等)

 期限:出生日から14日以内

必要書類:出生届、出生証明書(出生届と同じ用紙)、母子手帳、認印

日本の場合、出生届後に住民登録、子供手当て申請、子供医療助成など申請があります。

①出産した病院で出生証明書を作成し、母子手帳と父母の外国人登録証を準備して役所に行く。

②日本の役所に出生届と準備した①を提出し、出生届受理証明書を申請する。

③役所の外国人登録窓口で、出生児の外国人登録をするとともに、特別永住資格の申請を行う。(生後60日以内)

④出生届受理証明書を発行してもらう。

⑤本人(子)の住民票交付してもらう

韓国(総領事館)への手続き

2.韓国側への出生届

届出場所:(日本では)在日本韓国大使館、領事館

(韓国では)出生地か届出人の住所登録がある役所(区役所や洞事務所)

申告義務期間:出生日から3ヶ月以内

必要書類:出生申告書(出生届)、「出生届受理証明書」と翻訳文1部

父の家族関係証明書、婚姻関係証明書

本人の住民票原本と翻訳文1部

申告人の身分証明書(在留カード、特別永住者証明書、パスポート)と認印

以上をもって韓国総領事館に出生申告書を提出することになります。

これらの手続は届出人が総領事館を訪れ直接行うことになります。

又は申告書を提出人がする場合は申告人の身分証が必要です。

(※)日本で取得した「出生証明書」か「出生届受理証明書」には翻訳文と翻訳者の署名が必要となります。

(2)韓国人と日本人の間で出生した子供(複数国籍者)
日本の役所への手続き

出生届を提出する際に必要な書類・必要な物

出生届と出生証明書1通

※ 出生届と出生証明書とは一体になっております。

※ 出生証明書は、出生届の右半分に出生した病院等の医師や助産師が記入し、署名押印済のもの。

その他

国内で出生した場合は、「日本の国籍を留保」は不要ですが、22歳までに国籍選択をしなければいけないのは、国外で生まれた二重国籍取得者と同じです(国籍法14条)。また、法務大臣の催告により催告後1ヶ月以内に日本国籍を選択しないと、日本国籍を失うのも同様です(国籍法15条)。その場合にも、国籍再取得、簡易帰化が認められる点も、外国で生まれた場合と同様です。

届出人(父または母)の印鑑

※ 朱肉を使うものであれば認印で問題ありません。シャチハタ不可

※ 印鑑は訂正・修正の手続きのため、出生届の記入時に押印した印鑑が望まれます。

※ 出生届以外の他の手続きにも利用します。

母子健康手帳

※ 母子健康手帳の「出生済み証明」という欄に、出生届が受理されたと記してもらいます。

身分証明書(本人確認のため)

外国人登録証(2012年7月9日から新制度)➡特別永住者証明書、在留カード

※ 生まれた子の養育者が外国籍の人の場合のみ

※ 児童(こども)手当・乳幼児医療助成制度・出産一時金の申請のため、以下の書類もご用意下さい。

国民健康保険証(国民健康保険被保険者証、加入者のみ)

預金通帳(手当の振込先口座がわかるもの、(父または母名義)児童手当等申請者のもの)

韓国(総領事館)への手続き(2019.03.06東京韓国領事館確認事項)

出生申告書(出生届)、

②出生事実が記載された「出生届記載事項証明書」原本と韓国語翻訳文1部

③韓国人の家族関係証明書と婚姻関係証明書 各1部

④申告人の身分証(外国人登録証(在留カード)、パスポート)

⑤本人の住民票とその韓国語訳

➅申告人の印かん

※❶韓国の家族関係登録簿に婚姻がされていない場合は、父と母が婚姻されている日本の戸籍謄本原本と韓国語訳文

➋韓国人の親と子本人の住民票原本と韓国語訳文

が必要です。

※ 母が日本人で、婚姻申告後300日以内に出生した子供の場合:母の婚姻前の戸籍謄本籍謄本+翻訳本も必要

(3)韓国人と日本人以外の外国人との間で出生した子供

・出生申告書(出生届)、「出生届受理証明書」と翻訳文1部

  • 日本の市・区役所に出生申告後、発給された出生受理証明書と翻訳文1部
  • 韓国人の家族関係証明書と婚姻関係証明書 各1部
  • 申告人の身分証(外国人登録証(在留カード)、パスポート)
  • 出生者の外国のパスポート(複数国籍者である場合):外国人父又は母の国籍を先に取得した後、出生者の外国のパスポートが必要

※ 母が外国人で、婚姻届後300日以内に出生した子供の場合:外国人母が婚姻前独身だったことを証明する本国の書類+翻訳文

お問い合せ TEL 048 717 0323 平日9:00-17:00

PAGETOP
Copyright © オフイスリム行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.